VERY12月号

VERY12月号

PB210075.JPG
PB210081.JPG

9月に行われたVERYfes2018での
”未来のミセスCEO”ブースの様子が掲載されていました。

私がVERYを愛読するようになって15年ほど経ちます。
読み始めたのは、私がはまだ20代前半で、
モデルさんも見ても、
掲載されている洋服の値段を見ても、
自分の年齢層に合ってないなーと違和感はありました。

その頃は、お友達と無駄に集まっては、
持ち寄った雑誌を貸し借りするのが通例だってけれど、
私が持っていくVERYはいつもパラパラをめくられるだけで
その違和感は、同世代にも共感を生むものだとの確信もありました。

だけど、落ち着きのある、でも遊びココロも感じさせる
VERYのファッション世界観がとっても魅力的で
私はそれからもずっと読み続けていました。

その間に結婚して、出産して、子育てに悩んで、
専業主婦を続ける自分に疑問を抱き始めて、、、、
いつの間にか自分の年齢がVERY読者世代どまん中になっていて、
それまで素通りだったページ始めのコラムや
起業したママのストーリー、仕事復帰の奮闘記など
自分に重なる記事を自然と読むようになっていました。

起業して2年。
VERY記事が起業の動機付けになったのは間違いありません。

そして、女性の一生のうちの一番濃いであろう時期を共にしてきた
雑誌「VERY」に、起業家として自身が関わることになるなんて。
でも、関わることができて痛感したこと。
どれだけ自分が小さいのかと言うこと!
こんなにも、自分の情けなさを感じることになるとは
夢にも思いませんでした。

VERYfesというチャレンジを終えて、
その達成感よりも強く感じた自分へのネガティブな気持ち。
頭の中に出てくるものは、悔いや反省ばかり。
気持ちを切り替えるのに1週間かかったのを覚えています。

ちょっと、一瞬、今のことから「逃げたい」な。
そうも思ったけど、、、、、
”どんな経験も、重ねた分だけ人として豊かになる。”
その信念が頭を離れない。
もっと豊かになって、その先の世界を見たい!
そう思い続ける限り、
打ちひしがれる経験だとしても
私はきっと挑戦し続けるのかなと、
改めて思い直した、そんなチャレンジでした。


JJ1月号掲載

JJ1月号掲載

クリスマスBOX 2018 発売です!

クリスマスBOX 2018 発売です!